テレワーク中の為WEBフォーム・メールにてお問合せ下さい 

時代の流れは「ネオン管」から「LEDネオン樹脂」へ

火災予防条例で規制対象となった「ネオン管」

従来のネオン管を点灯させるには不活性ガスが必要となります。又、6000ボルトから15000ボルトの高電圧をかけるネオントラストが必要となります。ネオン管灯設備やネオン変圧器に不具合が起こると場合によっては感電や建物への火災に結びつく恐れがあります。

そのためネオン管の設置工事では消防機関への届け出が必要となります。因みにLEDネオンは12ボルトで動作し破損の恐れもないので施工や設置後のメンテの観点でいかにLEDネオンが安全であるかがわかります。

2.コンテンツ

コンテンツ